スポンサーリンク

dプログラムの年齢層。エイジングケアは40代、50代におすすめ?どれがいいのか何歳からか解説!口コミやおすすめもご紹介

健康・美容
スポンサーリンク

高品質で、敏感肌でも使える化粧水のラインナップが豊富なdプログラム。

「何歳から使っていいの?」と迷うかもしれませんが、対象年齢は無く、年齢層問わず肌質や肌の悩みに合わせて選べるのが特徴です。

「エイジングケア」「バランスケア」「アクネケア」「モイストケア」「ホワイトケア」の5種類が展開され、幅広い悩みに応えてくれますよ!

この記事ではdプログラムの年齢層や、5種類の商品の特徴について具体的に解説します。

「どんな肌の人におすすめか」というテーマで、口コミも併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

こちらはdプログラムのエイジングケアです。お肌のハリ等、年齢に伴う悩みが増えてきた方にオススメのラインです♪

スポンサーリンク

dプログラムの年齢層。何歳からか対象年齢をご紹介

結論からお伝えすると、dプログラムに対象年齢は無く、10代~70代まで幅広い年齢層に親しまれています。

基礎化粧品としては少々コストが高いということもあり、特に多い年齢層は30代~50代が中心。

一方で、ニキビにアプローチする「アクネケア」は、メイクをしない10代の学生さんや20代からも人気です。

シミやそばかすなどが気になり始める40代、50代からは「エイジングケア」が支持されていますし、中には60代や70代で利用する人も。

このようにdプログラムの商品は、年齢を問わずお肌の状態が気になり始めたその時から、悩みに合わせて利用できると言えます。

エイジングケアを始めるなら、まずはお試しキットがお得で便利です。Amazonや楽天でも手軽に購入可能です♪

エイジングケアは40代、50代におすすめ?どれがいいか種類を解説!

それでは、dプログラムの特徴やおすすめの選び方について、5つの種類別に詳しく解説していきます。

ちなみに、dプログラムそれぞれの種類に「何歳から」という対象年齢は決まっていません。

ポイントは年齢ではなく、ご自分の肌の悩みや特徴に合わせて選ぶことです。

  • ハリや小じわ年齢による悩みが増えた:エイジングケア
  • 乾燥も脂っぽさも気になる:バランスケア
  • ニキビができやすい:アクネケア
  • とにかく乾燥する:モイストケア
  • シミ、そばかす、ニキビが気になる:ホワイトケア

5つのラインナップはパステルカラーのパッケージもかわいくて、どれを選ぼうかワクワクしてきますね♪

では、それぞれ詳しくチェックしてみましょう。

年齢とともに肌悩みが増えた:エイジングケア(紫)

年齢とともにお肌の悩みが増えてきた人に向けた紫のエイジングケア、正式名称は「バイタルアクト」。

エイジングケアという名前から、「何歳から使えばいいのかな?」と悩むかもしれませんが、使い始めの年齢に決まりはありません

お肌のシミが目立ち始めたり、ハリがなくなってきたと感じたその時から使えます。

エイジングケアシリーズのいちばんの特徴は、お肌の潤いを補う高い保湿力。

保湿することでシミの原因である乾燥を防いでくれます。

dプログラムのバイタルアクト、エイジングケアのお試しセットを試したのでご紹介します!

化粧水は、少しとろみがあり、垂れにくいテクスチャーになっています。

乳液は乳白色でこちらも伸びはよく、肌に伸ばしたときに白残りする心配はありません。

自分の肌に合うか心配な方や、旅行用や化粧直しに小さいものを探している方は、まずはこちらのお試しキットがおすすめです♪

乾燥も脂っぽさも気になる:バランスケア(青)

混合肌の人や、乾燥とベタつき両方が気になる人におすすめの「バランスケア」。

名前の通りバランスよくお肌にアプローチしてくれるので、dプログラムの中でも特に人気の種類です。

混合肌の原因である肌のバリア機能をサポートすることで、乾燥やベタつきだけでなくニキビが気になるかたにもおすすめです♪

「自分に合うスキンケアがなかなか見つからない」という人にぜひ試してみて欲しいアイテムです。

後ほど口コミもご紹介します!

ニキビができやすい:アクネケア(黄)

「アクネケア」はニキビに悩む人はもちろん、肌のベタつきが気になる脂性肌にもピッタリのシリーズ。

肌バリア機能を整えることで、ニキビの原因であるアクネ菌び繁殖を抑えて悪化を防いでくれます。

皮脂の詰まりや炎症にもアプローチしてくれるので、ニキビ跡が気になる方にもおすすめです。

大人だけでなく、ニキビに悩まされがちな10代、20代にもおすすめなので、親子でシェアして使うのも良さそうですね♪

とにかく乾燥する:モイストケア(ピンク)

アクネケアとは対照的に、肌の乾燥にフォーカスしてケアしてくれるのが「モイストケア」。

肌のかさつきや肌荒れ、粉ふきなどが気になる乾燥肌の人におすすめのシリーズです。

「MTケアコンプレックス」という保湿に特化した成分が含まれており、肌の角質までうるおいを浸透させる効果が期待できます。

dプログラムは敏感肌の人でも使いやすい品質が特徴でもあるので、肌荒れに悩まされている人は要チェックのアイテムです。

シミ、そばかす、ニキビが気になる:ホワイトケア(白)

シミ、そばかす、ニキビ、肌荒れなど、様々な肌トラブルに悩む人には「ホワイトケア」がおすすめです。

商品名「ホワイトニングクリアローション」シリーズは、メラニンの過剰分泌を抑え、美肌バリア機能を整えるようサポートしてくれます。

シミやそばかすによる色素沈着で暗くなってしまう肌色を、名前の通り白く明るい印象に仕上げてくれます。

「肌に透明感が欲しい」という人は、ぜひ試してみてくださいね♪

dプログラムのエイジングケアの口コミ・評判

https://unsplash.com/ja

まずはdプログラムシリーズの中でも気になる「エイジングケア(紫)」について、口コミを調査してみました!

「エイジングケアの具体的な使用感はどのようなものなのか?」
「ニキビ悪化や肌荒れなどは大丈夫なのか?」

などなど、気になるポイントについてチェックしてみましょう。

悪い口コミ

まずはマイナス評価の口コミです。

正直エイジングケアの使い心地に関して、目立って悪い評価はほとんど見つかりませんでした。

強いて挙げるとするなら、「価格が高い」という声です。

以下、実際にネットで見つけた口コミを私の言葉でまとめてご紹介します。

  • エイジングケアだけ高い!
     
  • 悪くは無いけど、敏感肌用でとろみつきのエイジングケア用化粧水は他にいくらでもあるから、この金額を出す必要は無いかな。
     
  • 私には合わず。顔に付けるとヒリついて、Tゾーンがテカってニキビ悪化した。

エイジングケアは5種類のdプログラムの中でも、価格が最も高く設定されています。

使いたい種類が他のものより高いと、ちょっと尻込みしてしまうかもしれませんね。

またごく一部では、混合肌で使うとニキビ悪化のリスクがあるという声も。

保湿力が高い商品ですので、肌の脂っぽさが気になる人は使いすぎないよう注意しておきましょう。

良い口コミ

続いて、高評価の口コミをご紹介します。

もっとも多く見られたのは、「保湿力が高い!」という意見でした。

以下、実際にネットで見つけた口コミを私の言葉でまとめてご紹介します。

  • パープルはエイジングはもちろんだけど、保湿もしっかりしてる
     
  • エイジングケアの化粧水はとろみがついてて、翌日までばっちり保湿してくれる

シャバシャバすぎず、トロッとしたテクスチャでお肌に馴染みやすいところが好評のようです。

「エイジングケア」の名前の通り、年齢問わず使えるような工夫が分かりますね。

  • マスク生活によるニキビ悪化で初めて使用。乾燥と加齢で揺らいでる肌なのに、ストレスフリーでしっかり潤ってくれる!
     
  • dプログラムのエイジング用使いだしてから、肌の調子が良い

マスク生活も相まって、ニキビは若い人に限らず起こりうる肌トラブルです。

個人差はありますが、dプログラムのエイジングケアは肌荒れ対策の心強い味方になってくれそうですね。

dプログラムのバランスケアの口コミ・評判

続いて、dプログラムシリーズの中でも人気の「バランスケア(青)」に関する口コミを紹介します。

カサつきとベタつきの両方の予防に効果的とのことですが、実際にはどうなのか、チェックしてみましょう!

悪い口コミ

まずはマイナス評価の口コミです。

エイジングケアと同じく、バランスケアも極端に悪い口コミは見られず、全体的に高評価でした。

ただし1つ挙げるとすれば、「目立った変化を感じない」「悪くないけど物足りない」という声が見つかりました

以下は、実際に見つけた口コミを私の言葉でまとめたものです。

  • バランスケアの化粧水と乳液を試用。悪くないんだけど、なんとなく物足りなさを感じる
     
  • ピリつかないし保湿力もあるけど、即効性は無い。悪化させない程度。
     
  • 「美肌菌」に期待したけど、そこまで良い訳でもない…可もなく不可も無し。

dプログラムは基礎化粧品としてはややコストが高めなので、値段のわりに実感がないとなんだか損した気分になってしまいますね。

とはいえ、「肌トラブルが起こりにくい」とポジティブに捉えることもできます。

良い口コミ

続いてプラス評価の口コミを見てみましょう。

多くを占めていたのは、やはり「敏感肌でも使いやすい」という意見でした。

  • バランスケアに変えてから、化粧水のときのヒリヒリ感が無くなった
     
  • 敏感肌でも使えるのがとにかく良い
     
  • 乾燥しすぎて脂がでる肌質だから、dプログラムのバランスケアでベタつきを抑えてる。

肌へのやさしさは、dプログラムの代名詞とも言える強みですよね。

特にバランスケアタイプはオールマイティに使える種類ですので、より多くの人が快適に使いやすいのが良さと言えます。

まとめ

以上、dプログラムの対象年齢や種類別の特徴についてご紹介しました!

  • dプログラムに対象年齢は無く、幅広い年齢層の人が悩みに合わせて利用できる
     
  • 年齢による肌悩みが増えたらエイジングケア
    乾燥も脂っぽさも気になるならバランスケア
    ニキビができやすいならアクネケア
    とにかく乾燥するならモイストケア
    シミ、そばかす、ニキビが気になるならホワイトケア
     
  • エイジングケアは「値段が高い」「保湿力が高い」「ニキビ悪化に役立つ」などの口コミがある
     
  • バランスケアは「目立った変化がない」「敏感肌でも使える」などの口コミがある

種類が多くて選ぶのが難しそうなdプログラムですが、ご自分にピッタリのアイテムが見つかることを祈っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました