PR
スポンサーリンク

ダサい?トラディショナルウェザーウェアの年齢層。メンズ・レディースで解説!評判や口コミまとめ!traditional weatherwear

kuchikomi
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

トラディショナルウェザーウェアはアウターウエアを中心に、イギリスの伝統的デザインと今っぽさを兼ね備えたコレクションを発売しています。

そんなトラディショナルウェザーウェアのアウターが有名ですが、着てい人の年齢層が気になるところですね。

年齢層に何歳から何歳までという決まりはありませんが、主に30代40代の方から多く支持を集めているブランドです。

また、ダサいとの声は少なく、暖かさもしっかりとあり、冬の外を歩くのにぴったりとの評判です。

■レディースはこちら

■メンズはこちら

Amazonで見てみる>>>

楽天で見てみる>>>

ここからは、トラディショナルウェザーウェアの年齢層の詳細や、ダサいのか、レディースの評判、口コミ、店舗情報も解説するので、購入時の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

トラディショナルウェザーウェアの年齢層。メンズ・レディースで解説

ここからはトラディショナルウェザーウェアの年齢層を解説します。

トラディショナルウェザーウェアはデザインがとてもシンプルで品質も良いので、基本的には幅広い層に受け入れられていて、どの年齢層が着ていても上手に着こなせます。

ですが、中でも支持が高い年代は30代後半~40代です。

流行りの物から長く使えるものに買い替えたい年代だったり、子育て中の方が多く、長時間外にいる環境が多かったりすることが理由です。

その他にも価格も高いことから若い10代20代より30代40代の方に支持されています。

暖かくて軽量、かつデザインもシンプルで使いやすいとなれば毎日来ても飽きがこなさそうですね。

以下、Amazonや楽天からトラディショナルウェザーウエアの沢山の種類を見る事がで出来ます。

■メンズはこちら

■レディースはこちら

トラディショナルウェザーウェアはダサいか解説!

では、トラディショナルウェザーウェアはダサいのかについてですが、そんなことはありません。

定番でシンプルなデザインが良いとの声や、長く使えるとの声もあり、万人受けするデザインや、ボタンや襟の形などの細部のデザインまでこだわっている点なども好評です。

「ダサい」というのは主観的な評価であり、流行や個人の感じ方によって変わります。

しかし、トラディショナルウェザーウェアのキルティングコートは、その高い機能性やクラシックなデザインから、多くのファッション愛好者や専門家に高く評価されています。

トラディショナルウェザーウェアに関して具体的に挙げられる特徴や評価のポイントを以下にご紹介します。

  1. 高い機能性
    キルティングコートは、保温性に優れており、寒い季節でも暖かさを提供します。また、トラディショナルウェザーウェアのものはしっかりとした作りとなっており、耐久性も高いとされています。
  2. クラシックなデザイン
    キルティングのデザインは、時間を経ても色褪せないクラシックなもの。これにより、長く使えるだけでなく、さまざまなスタイルやシーンに合わせやすいというメリットがあります。
  3. ブランドの歴史
    トラディショナルウェザーウェアは、その名の通り、伝統的なブランドとしての背景や歴史を持つ。これが、高品質や信頼性の証とも言えます。
  4. スタイリングの幅
    シンプルなデザインのため、カジュアルからフォーマルまで、さまざまなスタイリングに合わせやすい。

もちろん、トレンドに敏感な若い世代や特定のファッションスタイルを追求する人々にとっては、あまり魅力的でないと感じる場合もあります。

しかし、その機能性や普遍的なデザインを評価するならば、「ダサい」とは言えないでしょう。

結論として、トラディショナルウェザーウェアのキルティングコートを「ダサい」と感じるかどうかは、その人のファッションの価値観や趣味に左右される部分が大きいです。

自分のスタイルに合うものを見つけ、自信を持って着ることが最も大切です。

■レディースはこちら

■メンズはこちら

Amazonで見てみる>>>

楽天で見てみる>>>

トラディショナルウェザーウェアのレディースの評判・口コミ

ここからはトラディショナルウェザーウェアのレディースの評判・口コミを私なりの言葉でまとめたのでご紹介します。

悪い口コミ

・サイズ感が小さくて実際着たらきつかった
・値段がリーズナブルではないので、購入までに悩む

良い口コミ

・ラインがとてもきれい
・手に取ったときは重いかもと思ったが、着てみたら着心地も軽くて暖かい
・海外発送でも到着までスムーズ
・写真と実物に違和感がなく、想像通り

悪い口コミにはサイズ感についてのコメントが少しあり、実際はきつかったとの意見がありましたが、ほとんどが高評価です。

悩んで購入した方も満足していますとの声や、やはり着た感じがきれいとの声もありました。

サイズ感にだけ注意すれば、アウターとしてとても重宝しそうですし、大満足のお買い物となりそうですね。

Amazonで見てみる>>>

楽天で見てみる>>>

トラディショナルウェザーウェアのキルティングの暖かさを解説!

形によっては毎年完売するものがあるほど、人気のトラディショナルウェザーウェアのキルティングコートですが、その暖かさが気になるところですよね。

ここからはその暖かさについて解説します。

トラディショナルウェザーウェアのキルティングコートは撥水加工がされており、高密度のポリエステルが軽量かつ暖かさを実現していて高品質です。

着丈もショート丈からロング丈まであり、特にロング丈はお尻まで隠れるので、さらに暖かいです。

冬場の長時間の外活動も耐えられますし、なおかつ着ていて軽量な部分は、厚着をした際の肩こり防止などにもなっていいですね。

遠出のお出かけや、子供との外遊びに重宝しそうです。

Amazonで見てみる>>>

楽天で見てみる>>>

トラディショナル ウェザーウェアとラベンハム どっちがおすすめか解説

「トラディショナル ウェザーウェア(Traditional Weatherwear)」と「ラベンハム(Lavenham)」は、ともに高品質なキルティングジャケットやコートで知られるブランドです。

それぞれのブランドの特徴とおすすめの理由を詳しく解説し、その後、どんな人にどちらが適しているかまとめます。

トラディショナル ウェザーウェア(Traditional Weatherwear)

特徴

イギリスの伝統的なデザイン
トラディショナル ウェザーウェアは、イギリスの伝統的なアウトドアウェアをベースとしたデザインが特徴。


多様なデザイン
クラシックなデザインからモダンなデザインまで、幅広いバリエーションが展開されている。


都市生活に適したアイテム
シティライフにも適したスタイリッシュなデザインが多い。


おすすめする理由
都会的な雰囲気を持ちつつ、イギリスの伝統的なデザインも取り入れているため、都市生活を中心としたライフスタイルの中でのスタイリングに合わせやすい。

ラベンハム(Lavenham)

特徴

キルティングジャケットのパイオニア
イギリスで創業し、キルティングジャケットの先駆けとして知られている。

高い品質
ラベンハムはその高いクオリティと職人技による製品づくりで知られている。
クラシックなデザイン: 伝統的なキルティングデザインを中心に、そのクオリティとデザインの良さを持つ。


おすすめする理由
キルティングジャケットの伝統的なデザインを好む方や、歴史と品質を重視する方に特におすすめ。

以下通販からラベンハムの沢山のアイテムが見れます。

どんな人にどっちがおすすめか

トラディショナル ウェザーウェアがおすすめの人
都会的なデザインを好む方。
伝統的なデザインとモダンな要素の融合を求める方。
日常の都市生活に合わせやすいアイテムを探している方。

ラベンハムがおすすめの人
キルティングジャケットのクラシックなデザインを重視する方。
伝統と品質を最優先に考える方。
職人技や歴史の背景を重視する方。

最終的には、あなたのライフスタイルや好みに合わせて選ぶことが最も大切です。両ブランドともに高品質で、長く愛用できるアイテムが揃っていますので、実際に店頭で試着してみるのもおすすめです。

トラディショナルウェザーウェアのサイズ感

ここからはトラディショナルウェザーウェアのサイズ感をご紹介します。

口コミにも少しありましたが、サイズ感には気を付けて購入したとの声が多数ありました。

少し小さめ、細身に作られているようで、そこは考慮したほうが自分にあったサイズが購入できます。

また、どのように着こなしたかも大切で、ぴったりと着こなしたければ、ジャストサイズや1サイズだけ上の物でOK。

インナーもしっかり厚着をしてさらにコートを羽織りたい方は、サイズ感を1サイズ以上アップしてもよさそうです。

トラディショナルウェザーウェアとは?

ここからはトラディショナルウェザーウェアとはどんなブランドなのか、着ているとダサいのか解説します。

トラディショナルウェザーウェアといブランドですが、防水ウエアのゴム引きコートから手掛け始め、イギリスのマッキントッシュ社の伝統を受け継ぐデイリーウエアを販売しています。

中でもアウターが有名で、イギリスのトラディショナルなデザインにトレンドを取り入れたシンプルなコートが人気です。

店舗情報。アウトレットの御殿場にもあるか解説!

ここからはトラディショナルウェザーウェアの店舗情報をご紹介します

東京

ルミネ有楽町
伊勢丹新宿店
新宿小田急
新宿京王
新宿ルミネ1
青山店
二子玉ライズ

上記は直営の店舗になりますが、セレクトショップとして、「ミクジュアリー日本橋三越」、「レディフォアアザWKD伊勢丹新宿」、「リスタイル伊勢丹立川」があります。

横浜

直営の「ルミネ横浜」他、セレクトショップには「スタイル&エディット横浜タカシマヤ」、「リリー横須賀」があります。

名古屋

直営の「名古屋タカシマヤゲートタワーモール」他、「メンズコレクションハヤシ三好店」、「ニューヨークランウィメンズ名古屋栄三越」があります。

京都

京都には直営店はなく、セレクトショップの「ディードランチ」があります。

神戸

神戸も直営店はなく、セレクトショップの「ユナイテッドアローズ神戸三宮店」、「ビームスアウトレット神戸三田店」があります。

福岡

直営店の博多阪急、セレクトショップの「ネットワーク(西久留米駅近く)」があります。

神戸のビームスアウトレットのように、アウトレット御殿場での取り扱いを調べてみましたが、マッキントッシュはあったものの、トラディショナルウェザーウェアは取り扱いがありませんでした。

2022年10月現在の店舗情報は以上ですが、今後変更になる恐れもありますので、お近くの店舗検索は以下公式サイトでご確認ください。

公式サイトはこちら>>

また、店舗が近場に無い方は、Amazonや楽天、ヤフーショッピングでお買い物を楽しめます。

まとめ

・トラディショナルウェザーウェアはイギリスのマッキントッシュ社の伝統を受け継ぐブランドで、今はイギリスの伝統的なデザインとトレンドを上手にミックスしたアウターウエアを中心に展開している

ダサいとの評判は少なく、シンプルかつ長く使えるデザインが好評

・トラディショナルウェザーウェアのキルティングは3層構造のポリエステルでできており、軽量かつ暖かである。

撥水加工も施されており、冬の外歩きには重宝するアウターである

・トラディショナルウェザーウェアの年齢層はそのシンプルなデザインから幅広い層から支持があるが、特に30代後半~40代に人気がある

・トラディショナルウェザーウェアの評判はとてもよく、着た時のラインがきれいとの声や、暖かさ、軽量さも好評である。

ただし、サイズ感が少し小さめにできているため、中には買って着てみたらぴったりでインナーの洋服選びに困るとの声もある。

・評判の声の中にサイズ感の意見があったが、トラディショナルウェザーウェアのアウターはぴったりに作られているため、どのように着こなしたいかでサイズ感を選ぶとよい

・トラディショナルウェザーウェアの店舗は各地方いろいろな箇所にあり、とても購入しやすい。

直営店もあれば、セレクトショップの取り扱いもあるが、アウトレット御殿場には取り扱いがない。

トラディショナルウェザーウェアというブランドのことや、アウターの着心地や暖かさなどとても好評だということが分かりました。

本当にシンプルかつ、細部におしゃれが施されたデザインが多いので、どんな人でもおしゃれに着こなせそうです。

1着がリーズナブルではないので、サイズ感の部分だけ注意して思い切って購入すればとても重宝する1品になりそうですね♪

以下から、商品一覧を見る事が出来ます。

Amazonで見てみる>>>

楽天で見てみる>>>

コメント