スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖の危険性やデメリットを解説!太るのか?さとうきびやてんさいとオリゴ糖との違いもご紹介!

食品
スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖とは砂糖に果糖が1から数個結びついた状態をいい、砂糖に近いくせのない甘さが特徴の甘味料です。

健康甘味料とも言われているフラクトオリゴ糖ですが、危険性があったり、デメリットがあるのかどうか、気になるところですよね

結論から言うと、過度の摂取、オリゴ糖の含有量100%以外のものを選んでしまったりすると、危険性やデメリット発生のリスクが高まります。

ここからは危険性の詳細ややデメリットの詳細や、太るのか、さとうきびやてんさいオリゴ糖との違いも解説します!

スポンサーリンク

フラクトオリゴ糖の危険性やデメリット

ここからはフラクトオリゴ糖の危険性やデメリットをご紹介します。

・甘み不足により過度の摂取に注意

甘みが砂糖よりも足りないために、ついつい料理やお菓子つくりに使う際の使用量が多くなってしまうことがあります。

砂糖よりも低カロリーと言えども、オリゴ糖は小さじ4杯程度が1日の摂取量目安と言われています。

それ以上使用の使用には注意が必要ですね。

・接種過多での体調不良に注意

オリゴ糖は難消化性の食品なので利点もありますが、過度に摂取してしまうと良くない影響もあります。

・人工甘味料が含まれている場合もあることに注意

商品によっては人工甘味料が含まれていることがあり、砂糖を摂るよりも危険性があがることがあります。

また、人工甘味料は中毒性も高いので、適量を超えて使用してしまう恐れもあります。

フラクトオリゴ糖は健康だからと言って、すぐに手を出すのではなく、危険性やデメリットをよく理解したうえで使用を始めることが理想ですね。

こちらのフラクトオリゴ糖は粉末タイプで約97.5%フラクトオリゴ糖が含まれています。

残留農薬も検査済みのオリゴ糖です♪

フラクトオリゴ糖は太るのか原料も解説!

ここからはフラクトオリゴ糖は太るのか、原料についても解説します。

フラクトオリゴ糖が開発された原点として、「太らない」「虫歯にならない」とゆう理想的な甘味料を目指して開発を始めたという点があります。

フラクトオリゴ糖の原料についてですが、「ショ糖」とされており、そこにフラクトースという果糖が1~数個結びついたもです。

糖類の中でも「難消化性」のものにあたります。

難消化性の中には、様々なオリゴ糖が発見されて、その中でもフラクトオリゴ糖は今話題の健康甘味料となっています。

フラクトオリゴ糖とさとうきび、てんさいオリゴ糖との違い

ここからはフラクトオリゴ糖とさとうきび、そしててんさいオリゴ糖との違いを紹介します。

違いを下記の表にまとめてみました。

フラクト
オリゴ糖
てんさい
オリゴ糖
さとうきび
原料ショ糖てんさい砂糖の原料
になる
風味淡い甘み上品な甘み
糖の種類難消化性難消化性消化性
含まれている
もの
大豆製品
マメ科植物
母乳や
牛乳

フラクトオリゴ糖とてんさいオリゴ糖はオリゴ糖の種類、またはオリゴ糖が含まれる食品ですが、さとうきびはお砂糖の原料となるものでオリゴ糖ではありません。

フラクトオリゴ糖を含む食品。明治のオリゴスマートは1日何枚かご紹介

ここからはフラクトオリゴ糖を含む食品をご紹介します。

また、明治の「オリゴスマート」は1日にどのくらい摂取するのが理想的なのかも紹介します。

まず、フラクトオリゴ糖を含む食品ですが、下記に記してみました。

・玉ねぎ
・ごぼう
・もも
・バナナ
・にんにく
・すいか

フラクトオリゴ糖の特徴は大腸で善玉菌のえさになり、ビフィズス菌のエネルギー源になります。

バナナ+ヨーグルト(ビフィズス菌)は組み合わせて食べてもよいですね。

次に明治の「オリゴスマート」の紹介です。

明治の「オリゴスマート」はチョコレートで有名ですが、アイスや飲み物もラインナップとして販売されています。

商品に使う糖の1部をフラクトオリゴ糖に変え、優しい甘さが特徴です。

「オリゴスマート」を間食やデザートに取り入れることで「ロカボ(糖質オフ)」になるのですが、間食またはデザートとして摂取してよい糖質の量は10g以下と言われいています。

なので、チョコレート商品ならば1日6枚までが理想です。
※1枚当たり糖質1.5g

適量を摂取して、フラクトオリゴ糖をロカボ生活に役立てたいですね。

フラクトオリゴ糖の粉末でおすすめ商品をご紹介

ここからは粉末のフラクトオリゴ糖でおすすめのものをご紹介します。

おすすめする商品は「カイテキオリゴ」です。

「オリゴ糖をバランスよく含む」ので、様々な腸内細菌を上手に働かせる手助けをしてくれます。

雑誌でもおすすめされたり、内科医推奨だったりと人気の商品です。

粉末になっているので、飲み物に入れることができるのはもちろん、料理などに使っても味が変わることはありません。

また、この商品は赤ちゃんや小さな子供でも使用できるお子様用もあります。

こちらも粉末でできているのでご飯に混ぜたり、飲み物、ヨーグルトに混ぜたりして食べる事ができます。

手軽に使用できる粉末のものは日常生活に取り入れやすいので、継続して使うことができそうですね。

まとめ

・フラクトオリゴ糖は過度に摂取したり、人工甘味料を含むものを選んでしまうとデメリットが出てきたり、危険性が高まる

・フラクトオリゴ糖、てんさいオリゴ糖はオリゴ糖の種類またはオリゴ糖を含む食品ですが、さとうきびはお砂糖の原料になるのものである

・フラクトオリゴ糖を含む食品として、「玉ねぎ」「ごぼう」「バナナ」「もも」などが挙げられる

フラクトオリゴ糖を含むデザート「オリゴスマート」は間食に食べることにより糖質制限ができる

・粉末のオリゴ糖としておすすめの「カイテキオリゴ」はオリゴ糖をバランスよく含んでいる

粉末なので色々な料理に使用しやすく、お子様用のラインナップもある

フラクトオリゴ糖は過度の摂取や選ぶものを間違えてしまうとデメリットや危険性があることが分かりました。

なので、気を付けて利用したいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました