PR
スポンサーリンク

ダントンリュックの口コミや年齢層は40代、50代、60代?日本だけで流行りすぎか解説!

hyouban
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ダントンのリュックはワークブランド感もありながらデイリーでも使いやすいと人気があります。

結論から言うと、ダントンのリュックはファッション性があり、カラー展開も豊富で人気です。

また、ワークブランドらしく機能性にも優れています。

使いにくいかの口コミや40代、50代、60代の年齢層でもOKなのか、日本だけで流行りすぎなのかも解説します。

スポンサーリンク

ダントンリュックは肩紐痛いのか口コミ・評判

ここからはダントンリュックは使いにくいのか、また肩紐が痛いのか、口コミ・評判を私の言葉でまとめてみたので、ご紹介します。

悪い口コミ

・外ポケットが深すぎて物の出し入れがしづらい
・内側の収納ポケットの数が欲しい
・肩紐が細いので、荷物が多いときは少し痛い

良い口コミ

・物がたくさん入るのが嬉しい
・軽くて見た目スッキリなのに収納力がある
・ロゴが可愛い
・リュックの扱いがとても楽で嬉しい
・使い勝手が良い
・リピート買いをしている

悪い口コミの中には肩紐が細くて肩が痛いとの声や内ポケットがないことに使いづらさを感じている方も確かにいるようでした。

ですが、多くの方は荷物の量を工夫するなどして、肩が痛くなる状況を避けているようです。

また、良い口コミの中で収納力を評価している声が多くあり、内ポケットがないことの使いづらさより、リュックの大容量さに満足している方が多かったです。

1泊の旅行であればこのバックのみでもOKという声があるくらい、しっかりと容量があります。

使いやすさにも定評があり、リピート買いをしている声も多くみられました。

ダントンリュックは40代、50代、60代の年齢層でも大丈夫か解説

ここからはダントンリュックは40代、50代、60代の年齢層でも大丈夫か解説します。

冒頭で少し触れたように、ダントンリュックはワークブランド感もありながら、デイリーユーズもできるきちんと感もあります。

さらに、ダントンリュックの良いところはカラーバリエーションが豊富な点と、リュックの形も様々なものがある点です。

カジュアルすぎないカラーやデザインを選べば、40代、50代、60代、どの世代の方が持っていても違和感はありません。

プレゼントとして、ご両親や祖父母にプレゼントしても喜ばれそうですね。

ダントンリュックは日本だけ流行りすぎか解説

ここからはダントンリュックは日本だけ流行りすぎか解説します。

結論から言うと、ダントンは日本だけではやっているわけではありません。

ですが、ダントンはもともとガーデナーや料理人のワークウエアを作っていたことから、本場フランスでは由緒あるワークウエアブランドのイメージが強いです。

日本では、株式会社ボーイズが企画・デザイン・製造を担当しています。

その中で、ファッションブランドとしての認知が高まり、日本ではデイリーに使うものとして浸透してきたのでしょう。

ダントンリュックが人気の理由

ここからはダントンリュックが人気の理由を解説します。

ここまで、ダントンリュックを紹介してきた中にも魅力がたくさんあります。

・ワークブランドベ-スでありながら普段使いもできる
機能性も備えた中に、可愛さもあり、レジャーだけではなく、日常使いにも馴染みます。


・色が豊富でコーディネイトしやすい

リュックのデザインによっては全部で6色展開のものもあります。
ブラックやネイビー、ベージュと言ったコーディネートに馴染みやすい色から、赤や緑と言ったファッションのポイントになるカラーまであります。


・見た目はスリムなのに容量がしっかりとある

人気のユーティリティリュックは17Lの容量があり、普段使いには最適です。


・ユニセックスで使うことができる

男女問わず好かれるデザインが多くあります。

・トレードマークのロゴが可愛くて好き
ひし形のロゴマークは商標登録もされており、老舗のものという安心感も生まれます。

可愛さと機能性、2つそろっていることが人気の理由です。

まとめ

・ダントンリュックはデザインや機能性が優れていて、幅広い層で使用できる

・容量が大きいので通学バックやマザーズバックとして人気があるが、どの世代が持っていても似合うものがある

・肩紐が細くて痛くなりやすい点はリュックを背負う際、中身の重さに気を付けるといい

ダントンリュックは可愛さと機能性からどの世代も使いやすいものとなっています。

この記事を参考に、リュックを購入の際はダントンリュックも候補に入れてみて下さいね。

■あわせて読みたい■

エルベシャプリエのリュックの記事はこちら>>>

コメント