PR
スポンサーリンク

40代50代のメンズが持っていて恥ずかしい財布の特徴!男性が持っていてセンスのいい安くてかっこいいブランドやハイブランドも紹介!

hyouban
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

40代50代にもなると財布にも気を使いたいところですね。

そこで持っていて恥ずかしい財布の特徴は以下になります。

・漫画のキャラクターなどの幼稚な財布
・状態が悪い
・安っぽく見える
・サイズが不適切
・ブランドロゴが目立つ
・機能性が悪い

その一方で、センスのいいブランドやハイブランド、価格が手頃でありながらもデザインが優れたブランドも多数存在します。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

この記事では、40代50代の男性が選ぶべき財布のブランドについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

40代50代のメンズが持っていて財布で恥ずかし財布の特徴6選!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

40代や50代の男性にとって、財布は個性や社会的地位を反映するアイテムとなることが多いです。持っていて恥ずかしいと思われる可能性のある財布の特徴は以下になります。


デザインが幼稚
キャラクターモノや明らかに若年層向けのデザイン(派手な色使いや漫画のキャラクターが大きくプリントされているなど)は、大人の男性には不適切とみなされることがあります。

状態が悪い
ボロボロに破れていたり、汚れが目立ったりするなど、メンテナンスが行き届いていない財布は、所有者のだらしなさを感じさせます。


非常に安っぽい材質
例えば、明らかに安価な素材から作られた財布、特にビニールや質の低い合成皮革は、品質を重んじる大人の男性のステータスとは合いません。

不適切なサイズ
非常に大きい、または逆に小さすぎる財布も不便であり、スーツのポケット等にきちんと収まらない場合は避けた方がよいでしょう。


過度に派手なブランドロゴ
ブランドのロゴや名前が大きく、目立つデザインは好まれない場合があります。シックでほどよいブランドの主張が望ましいとされています。


非実用的な機能性
カードポケットが極端に多かったり、使い勝手が悪いデザインは避けた方が賢明です。機能的でシンプルなものが好まれます。


適切な財布は、シンプルで良質な素材を使用し、色は抑えめなトーン(黒、茶、ダークグレーなど)が一般的です。

機能性を持ちつつ、スタイルを損なわないデザインが理想とされることが多いです。

最終的には個人の趣味やライフスタイルに合わせた選択が大切ですが、上記のポイントを意識することで、年齢にふさわしい財布選びができるでしょう。

こちらは英国性のブライドルレザーのおしゃれな財布です。通販のレビュー件数も多く人気のほどがうかがえます。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

40代50代の財布で男性が持っていてセンスのいい安くてかっこいいブランド

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

40代50代の男性が持っていてセンスのいい、かつ安くてかっこいいブランドの財布といえば、以下のブランドがおすすめです。

Dunhill(ダンヒル)
英国の老舗ブランドで、高級感と洗練されたデザインが特徴です。特に「サイドカーFP1010E」は、上質なレザーと機能性を兼ね備えた長財布として人気があります。

WHITEHOUSE COX(ホワイトハウスコックス)
英国製の手作り財布で、耐久性と使いやすさを重視したデザインが特徴。特に「S9697 LONG WALLET」は、シンプルながらも高級感あふれるデザインが魅力です。

ETTINGER(エッティンガー)
英国王室御用達のブランドで、上質なレザーと独特の色合いが特徴。特に「LARGE ZIP PURSE」は、ラウンドジップの長財布で、使いやすさとデザイン性を兼ね備えています。

abrAsus(アブラサス)
「薄い財布」が特徴の日本のブランド。厚さ約13mmの超薄型デザインながら、必要な機能はしっかりと備えています。

GANZO(ガンゾ)
「ミネルバナチュラル ZIPパース フラグメントケース」は、コンパクトながらも収納力に優れたミニ財布。刻印のデザインがオシャレで、胸ポケットに入れてもかさばらないのが特徴です。

これらのブランドは、どれも40代50代の男性にとって、センスの良さと機能性を兼ね備えた財布を提供しています。自分のライフスタイルや好みに合わせて、選んでみてくださいね。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

40代50代の財布でハイブランド

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

40代50代の男性が選ぶべきハイブランドの財布について詳しく解説します。

キタムラ

まず、キタムラは日本の老舗ブランドで、高品質なレザー製品を提供しています。その中でも、コードバン(馬の臀部から取れる最高級の革)製の財布は、その耐久性と独特の光沢感から多くの支持を得ています。

ロエベ

ロエベはスペイン発のラグジュアリーブランドで、シンプルながらも洗練されたデザインが特徴です。特に、モノグラム(ブランドのイニシャルやロゴを織り込んだ柄)の財布は、上品さとブランドアピールを兼ね備えています。

ランバンオンブルー

ランバンオブブルーはフレンチシックなデザインと機能性を兼ね備えた財布が人気です。特に、使いにくいと感じることの多い小銭入れも、ランバンオブブルーの財布では使いやすさを追求した設計がされています。

グッチ、クロエ、コーチ

グッチ、クロエ、コーチは、それぞれが独自のデザインと高品質な素材を用いた財布を展開しています。特に、グッチのダブルGロゴやクロエのパディントンロック、コーチのシグネチャーパターンは、ブランドの象徴とも言えるデザインです。

ステラマッカートニー

ステラマッカートニーは、エココンシャスなブランドとして知られ、ヴィーガンレザー(動物を傷つけずに作られた合成皮革)を使用した財布が特徴です。

土屋鞄

最後に、土屋鞄は日本の職人技が光るブランドで、一つ一つ手作りで丁寧に作られた財布は、使うほどに味が出ると評価されています。

これらのブランドは、40代50代の男性にも似合い、洗練された大人の男性を演出することができます。

しかし、ブランド選びだけでなく、自分のライフスタイルや好みに合ったデザインや機能性を重視することも大切です。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

女性が男性に持ってもらいたい財布

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ

女性が男性に持ってもらいたい財布として、コスパ、コンパクトさ、そして誕生日プレゼントとして彼氏や旦那に選びたいという観点から考えてみましょう。

まず、コスパに優れた財布としては、国産のレザーブランド「ガンゾ:GANZO」がおすすめです。

100年以上の歴史があり、堅牢な作りと高品質な革を使用しているため、長く使うことができます。また、シンプルなデザインが多いため、どんな男性にも合わせやすいというメリットがあります。

次に、コンパクトな財布としては、「ココマイスター:COCOMEISTER」の財布が挙げられます。

スマートなデザインで、紙幣やカード、小銭をスムーズに取り出すことが可能です。また、コンパクトさを追求しつつも、収納力に優れているため、機能性も兼ね備えています。

そして、誕生日プレゼントとして彼氏や旦那に選びたい財布としては、「ボッテガ・ヴェネタ:BOTTEGA VENETA」がおすすめです。

編み込みのレザーが特徴的で、高級感がありながらも嫌味がないデザインが女性から好評です。

また、「グッチ:GUCCI」の財布も、紳士な男性が持つと好感度が上がると言われています。

以上のように、女性が男性に持ってもらいたい財布は、コスパ、コンパクトさ、そして誕生日プレゼントとしての適性を考慮すると、様々な選択肢があります。男性自身のライフスタイルや好み、そして女性から見た印象を考慮して、最適な財布を選ぶことが大切です。

こちらはココマイスターの上品な長財布です。プレゼントにも最適です。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

父の日のおすすめの財布を40代50代で紹介

父の日のおすすめの財布を40代50代の男性に向けて紹介します。この記事では、様々なブランドの財布をピックアップし、その特徴や魅力を詳しく解説します。

また、選び方のポイントや、どのような財布が40代50代の男性に喜ばれるのかについても触れていきます。

父の日におすすめの財布ブランド

コーチ (COACH)

アメリカの高級ブランドで、耐久性と機能性を兼ね備えた財布が人気。特に、シグネチャー キャンバスのコインウォレットは、コンパクトながらも収納力があり、日常使いに便利です。

バンタス (VANTAS)

本革を使用したラウンドファスナーの長財布は、高級感がありながらも手頃な価格で手に入るため、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

トミーヒルフィガー (TOMMY HILFIGER)

カジュアルながらも上品さを兼ね備えたデザインが特徴。二つ折り財布は、使いやすさとデザイン性を兼ね備え、日常使いに最適です。

カルバンクライン (CALVIN KLEIN)

モダンで洗練されたデザインが特徴のブランド。長財布は、シンプルながらも存在感があり、大人の男性におすすめです。

これらのブランドの財布は、デザイン性と機能性を兼ね備えており、父の日のプレゼントに最適です。どのブランドも個性的なデザインが多く、40代50代の男性に喜ばれること間違いなしです。

以下通販からカルバンクラインの長財布や二つ折り財布が見れます。

財布の選び方のポイント

父の日のプレゼントに財布を選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

  1. ブランド
    お父さんが好きなブランドや、信頼しているブランドを選ぶと喜ばれます。
  2. デザイン
    シンプルで洗練されたデザインや、個性的なデザインなど、お父さんの好みに合わせて選びましょう。
  3. 機能性
    カードを多く持っているお父さんにはカードポケットが多い財布、小銭を多く持つお父さんには小銭入れの大きい財布など、お父さんのライフスタイルに合わせた財布を選びましょう。

以上、父の日のおすすめの財布について紹介しました。どの財布も40代50代の男性に喜ばれること間違いなしです。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

まとめ

40代50代の男性にとって、財布は自己表現の一部であり、その選択は個々のスタイルと価値観を反映します。

この記事では、恥ずかしいとされるブランドから、センスの良いブランド、さらには高級ブランドまで、幅広く取り上げました。

ポーターやポールスミスなど、一部のブランドが恥ずかしいとされる理由を解説し、また、キタムラやロエベなどのハイブランドの魅力を紹介しました。

また、コスパが良く、コンパクトで男性に喜ばれるブランドもピックアップ。最後に、父の日のプレゼントにおすすめの財布もご紹介しました。

あなたの理想の財布が見つかることを願っています。

こちらはココマイスターの経年変化を楽しめるオールドヌバックの上質な長財布です。

Amazonで40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

楽天で40代50代の財布の売れ筋を見てみる>>>

コメント